2008年9月3日水曜日

買い付けを入れた!

8月23日~30日までの間、長い夏休みを利用して、自身の実家(富山県高岡市)と家内の実家(石川県金沢市)へ行ってきた。

実は、予め石川県内の3~4件の投資物件に目星を付けていて、これらを視察するのが目的の一つだった。



全ての物件を見て回った結果、そのうちの一件が、相続絡みで破格の値段で売り出されていた。

しかも、仲介業者は、住宅専門で投資物件に不慣れなため、ほとんど告知されていない!



チャンス☆と、思った。



しかし、アパートの中を見てびっくり。

8世帯のうち、入居中は1世帯のみ。

あとは、退去時のまま、ゴミや埃にまみれていた。

なかには、家具や冷蔵庫が無造作に放置されている部屋もあった。

冷蔵庫については、開けてみたが、すぐ閉めた。見なかったことにしたい。



とりあえず、アパートを出て、仲介業者の大山さん(仮称)におねがい。



「現在の売値4480万円は、満室時の価格だと思います。現況では、話しにならないです。

3500万円で交渉して頂けないでしょうか。」



大山さんは、真っ青な顔をしながら、



「売主さんに怒鳴られちゃいますよ~。

でも、仰ることもわかりますので、頑張ってみます。

しかし、念の為に、買付証明を書いてください。

それから、銀行融資のほうは、頼みますよ。」



と、言ってきた。

銀行融資については、正直なところ、まだ相談先も未定だったが、任してくださいと伝えておいた。





東京に戻ってから、石川県に本店のある某地銀の東京支店へお邪魔し、融資の相談に乗ってもらった。

実は、この物件、土地が1300平米(360坪)ほどある。

当初、担当の山田(仮称)は、自己資金を2割お願いすることになると思います、と言っていた。

が、●●銀行さんは、諸費用もカバーし、当初10年固定の2.8%ですよ!とハッパをかけてみた。

山田さん曰く、支店内の凡その判断が明日中にでるので、一日待って欲しいとのこと。



しかし、その日の夕方6時頃、山田さんから電話があった。

支店内では、フルローンがいけそうとの判断です。

ただし、地方物件なので、現地調査を行うのに3~4日欲しいとのこと。

勿論、喜んで承諾した。


あとは、買付が通ることを祈るのみ!

頼む、大山さん。

あんただけが頼りやで。