2009年5月19日火曜日

大家検定のテキストが届いた☆

友人のススメもあって、大家検定の講義を受講することになった。



通常であれば12回の講義を聞かなければならないところ、2日間で片付けてしまおうというハードなスケジュールの講義に申し込んだ。

受講料を振り込んでから4日ほど経った今日、テキスト等が送付されてきた。



12回で完了するはずの講義を2日間で片付けるには、多くの予習が必要とのこと。
12回分の宿題が用意されていました。

明日から昼休みは勉強だな…

2009年5月14日木曜日

駐車場のライン引き

駐車場のライン引きって楽しいんですよ。

プロが使っているような、ガラス樹脂を含んだ塗料ではなく、ホームセンターでゲット可能なコンクリートやアスファルト用のペンキを使うんです。

見栄えは、プロが使う塗料と比較すると、厚みが無いので物足りないかもしれないけれど、綺麗に線や文字を描けば、全然大丈夫です。


今回は、駐車場に何故か残されていた余白部分に、2台分の駐車スペースを確保できそうだったので、いつもの超強力助っ人隊(家内のお父さんとお兄さん)の強力を得て、ライン引き&文字描きを実施しました。

直線を描くときは、2mほどの木の板を定規のように添えてマスキングの要領で、一気に描きます。
フリーハンドに比べると物凄く簡単ですし、仕上がりも綺麗です。
当たり前か…

2台分のスペースを確保した後、AとBの文字を描いておきました。
当初は、1台分のスペースを確保しようと思っており、既存の駐車スペースの番号に合わせて“0”(ゼロ)を描こうと思っていたのですが、結局2台分のスペースを確保したので、急遽、AとBにしました。


それと、店舗前にも2台分の駐車スペースを確保しておきました。

これで計4台分の駐車スペースが増えました☆
ただし、店舗前の駐車スペースは、四辺を白線で囲ってしまうと見栄えが良くないかもしれないという理由から、四隅を示す目印を描いておくことにしました。

もうアスファルトへの塗装は怖くないぞー。

2009年5月4日月曜日

クローゼットのランナ…交換できず(>_<)

空室のクローゼットを開けてみたとき、金属同士が擦れているような、キキーッという嫌ぁな音がしていた。

よく見ると、扉の下部から下方へ突出している弾性部材(通称、ランナー)の先端が、正常な状態であれば、樹脂製のキャップが被さっているはずなのに、何らかの原因でキャップが外れたため、中の金属が露出して、クローゼット下部の金属製レールに接触していたのが原因でした。

クローゼットの扉は、上部のレールから吊り下げられる構造になっているものの、ランナーは、下部レールから脱線しないように、バネによって下方に付勢されているので、キャップが外れると、中の金属が、金属製のレールに思いっ切り押し付けられた状態になります。

ちなみに、レールって、こんなモノ↓です。

TOSTEM社製のクローゼットだったので、会社に問い合わせてみると、1個315円(税込み)+郵送料で自宅へ配送してくれたんです!
すごい親切だし、安い…



で、GWに現地入りしたときには、けっこうナメていて、ドライバーとペンチくらいあれば、簡単に扉を外せるだろうと思っていました。

しかし…

2時間頑張ったのですが、無理でした(>_<)

結局GW中にクローゼットを修理するのを諦めました。

東京の自宅に戻り、ウェブで調べてみたところ、上部のレールは、30cm位の短めのレールが一部に使われているので、取り敢えずそれを外せば、扉をぶら下げている上部ランナーを外すことができるらしい…

インターネットって、凄いね。
凄いツールを使える環境で生活しているのに、使いこなしていない自分が情けない(T_T)

まぁ、落ち込んでいてもクローゼットは直らないので、今度行ったときに再チャレンジだ☆

浄化槽用ブロワの交換

いつぞやのアパートへの出張時に、浄化槽用ブロアから非常に大きな音が出ていたことに気付いていました。
どうやら、ブロアに付属のモーターが劣化していたらしいです。
ちなみに、築9年の、このアパートには、こんな↓ブロアが設置されていました。



重量は、見かけによらず、ナント20kgほどあります(^_^;)
ブロアの異常に気付いた時点で、浄化槽のメンテナンス会社へ、ブロア交換費用の見積もりをお願いした。
数日後、郵送されてきた見積書を見てビックリ!
なんと、ブロアの交換で、約15万円も掛かると記載されているではありませんか。

そこで、早速ウェブでカチャカチャやってみると…ありました☆
さすが、ヤフオク。
アパートに設置されていたブロアと同容量の新品ブロアが、送料&消費税込みで30,000円也!!

即決で購入しました。
私の住まいが東京で、アパートが石川県白山市なので、取り敢えず、富山県高岡市の実家へ送って貰うことにし、GWに帰省した際に箱を開けてみました。

箱を開けて、まず目に飛び込んで来たのは






ウン●色ッ!!
いや、よく見ると金色ダッ。
コレは縁起が良い☆
実物は、コレ↓ なかなかイカすボディカラーでしょ?



新品のブロアを、早速アパートへ運び込み、既存ブロアとの交換作業を実施しました。
まずは、地中の浄化槽から地表まで延びている塩ビパイプと既存ブロアとを分離します。

具体的には、塩ビパイプと既存ブロアの空気吐出口とを接続しているゴム管を取り除きました。といっても、築後9年間で、ゴムが塩ビパイプ及び空気吐出口と一体化していたので、ハサミで滅茶苦茶に切り刻んでしまいましたv(^ε^)v
既存ブロアを撤去した状態が、コチラ↓



分離完了後、露出された塩ビパイプの開口部を眺めていて、もしかして…もしかするのか!?
つまり、アレの香りがするのでは!?
という疑問が沸々と沸き起こりましたが、大丈夫でした。
どうやら、このパイプ内は無臭でした。ホッ…

さて、既存ブロアを撤去したら、今度は新品ブロアの設置作業です。
既存の塩ビパイプの先端は、旧ブロアの空気吐出口の位置に対応させるために、L字管を用いて上方へ向けられていました。

ところが、新品ブロアの空気吐出口は、ブロア下部から真横に向けて設けられているため、ブロアを地面に置くと、塩ビパイプと空気吐出口が直交する状態になってしまいます。
そこで、とりあえず、コンクリートブロックを敷いて、下の写真↓のように、そのブロックの上にブロアを載せてみました。



が、しかし…よく見ると…塩ビパイプの端部の外径と、新ブロアの空気吐出口の外径が大きくチガう(^_^;)
メジャーで測ってみると…塩ビパイプの外径が2.2cm、ブロアの空気吐出口の外径が1.6cm。
全然チガう。
コレ↓



塩ビパイプの端部と新ブロアの空気吐出口は、新ブロアに付属していたゴム管で連結しないといけません。
つまり、内径1.6cm弱のゴム管を、外径2.2cmの塩ビパイプの端部へ被せないといけないのです。

案の定、何度か試してみるものの、全く被せられる気配がない…

ここで、問題点を整理してみると、
(1)塩ビパイプ端部の向きと、新ブロアの空気吐出口の向きが直交している→向きの整合が必要
(2)塩ビパイプ端部の外径と、新ブロアの空気吐出口の外径が大きく異なる→径の整合が必要

そこで、パイプと吐出口の向き問題については、塩ビパイプの端部を、L字管よりも根元側で切断し、水平に向けることで解決しました。
コレは簡単ですね。

径の問題は、大変だった…
だった、というよりも、今も少し心配(^_^;)

まず、下の左端の写真に写っているエアコンの室外機を見て欲しい。
背面からコチラに向かって直径1.5cmほどのドレンパイプが延びているのがわかりますね。

しばらくの間、ブロアを前にして座り込み、径の問題を考えているときに、フと、このドレンパイプが目に留まったんです。
で、先端から10cmほどの長さで切ってみました。

おもむろに塩ビパイプの先端に突っ込んでみた…入らない。
でも、惜しい。あとチョットだ。

で、近所にある超デカいホームセンター(ムサシ)へ向かう。
車で7分だ。

もちろん、先ほど切断した塩ビパイプの切れ端を持参した。
塩ビパイプ売り場へ急ぐ。

近くに居た店員さんに、パイプの切れ端を見せ、「このパイプの内径を少し小さくしたいが、ちょうど良いジョイントはないでせうか?」と尋ねた。

店員さんは、おもむろに棚に並ぶ多くのジョイント次々と試し、4個目のジョイントを試したところで、どうだ?と言わんばかりの目つきで、連結されたパイプを見せてきた。

さすがだ。

このジョイントを連結すると、内径が1.5cmほどになる。

すぐに現場に戻り、購入したジョイントを、地表から延びている塩ビパイプの先端に接続した。
そして、そのジョイントの先端に、エアコンのドレンパイプの切れ端を突っ込んでみた。

ピッタリだ!

しかも、このドレンパイプは、ゴム管側にもピッタリハマる!

ここで、小さくガッツポーズp(^ε^)q

ただし、さすがに、突っ込んだままで完成というわけにはいかないので、空気漏れを防ぐために、瞬間接着剤でドレンパイプと塩ビパイプとを接着し、次いでドレンパイプとゴム管とを接着した。

さらに、念の為にドレンパイプ全体と接続部を覆うように、シリコンシーリングを塗布しておいた。

結局、すったもんだの結果、下の画像のように↓なんとかブロアの交換を終えました。
連結部分が素人っぽいですが、何とか動いているので、良しとしましょう。
ふぃぃ疲れたわぁ。

2009年5月3日日曜日

IKEAの鏡

ゴールデンウィークの初日(5月2日)に、帰省する前に南船橋にあるIKEAへ立ち寄り、噂の波型鏡(正式名称は"KRABB")を9枚購入しました。

ご存知の方も多いと思いますが、IKEAでは、このKRABBの配送を行って貰えません。
断固拒否されてしまいます。

ですが、私は、何としてもKRABBをアパートに設置したいと思い立ち、IKEA近くのヤマト運輸に電話して、鏡の配送の許可を事前に頂いておきました。

何故IKEAが鏡の配送を拒否するのか。
それは、この鏡が非常に割れ易いからにほかなりません。
実際、店頭で9枚の鏡をカートに載せて運んでいると、なんと、カートの振動によって、1枚が割れました(T_T)

ちなみに、この1枚は、店頭で交換して貰えました。
実際には、割れた鏡を返品し、代金相当のギフトカードを頂きました。
そのカードを使って、新しい鏡を再購入するわけです。

まぁ、こんなんで割れるの?と思いましたが、アパートへ持って行くと決めていたので、なんとかせねばなりません。
問題は、梱包です。

一方で、この鏡は、IKEAまでトラックか何かで運ばれてくるわけなので、運べないわけ
ではありません。
そこで、KRABBが梱包されていたダンボール箱を頂戴し、梱包することにしました。

右上の写真に写っている箱が、ソレです。
なお、この写真は、アパートの倉庫で開梱した時に撮影したものです。

で、9枚の鏡を配達した結果から言うと、1枚が破損し、8枚は生きてました☆

左の写真が、破損した1枚の鏡です。
割れたというよりは、端が欠けていました。
非常に惜しいです。

ですが、ヤマト運輸の窓口では、全滅しますヨ!
と言われていたので、大成功だと思います。

それから、IKEAでKRABBの配達を拒否され、遠方への配達を諦めている方に、良い方法をお教えします。

まず、梱包は自分でしなきゃならんので、IKEA自身がKRABBの梱包に使っているダンボール箱を貰い、コレを使って梱包します。

特に、上下両端部は欠け易いので、新聞紙や別のダンボール紙で補強します。

また、鏡は、横長の状態で立てて持ち運びます。
平置き状態での持ち運びはNGです。撓んで割れちゃいます。IKEAでも、KRABBを搬入する際には、横長の状態で立てられています。
これを真似しましょう。

あとは、鏡ごとの隙間に新聞紙などを挟んでおくのも良いでしょう。

なお、1~2枚を配達する場合は、簡単に撓(たわ)んでしまうので、板などで挟み込んで、撓まないように工夫する必要があると思います。
私は、9枚をまとめて梱包したので、撓むことはなかったです。

次に運送会社についてですが、IKEA船橋店の周辺には、大きな運送会社が幾つもあります。

私は、ヤマト運輸を利用しましたので、ヤマト運輸について説明します。

ヤマト運輸は、左の地図上には名称が明記されていませんが、地図上に記した吹き出しの位置に、ちゃんと存在します。

IKEAからは車で数分で到着します。

窓口の方に聞くと、「IKEAの鏡は本当に割れる。間違いなく割れます。全滅しますよ。」とのこと。
ですが、ここまで来て、引き下がるわけにもいかんので、割ることを覚悟して配達を依頼します。

ココで、もの凄く重要な事実が判明するのですッ!
なんと、この鏡には、保険をかけることができるんです☆☆☆

高い確率で割れる鏡に保険をかけることができるなんて、ちょっと想定外でした。
つまり、たとえ割れたとしても、割れずに配達されるまで、何度も配達して貰えるっちゅうことなんですよ!!

だ・か・ら・・・KRABBの配達は、チャレンジすべきなんです!
だって、損しないんですもの。
保険をかけられるなんて、オイシすぎですしネ♪

ただし、KRABBは、梱包状態で長辺が約175cmもの長さに達しますので、宅急便は使えません。
なので、ヤマト便を利用します。

このヤマト便、実は、物や目的地によっては宅急便よりもリーズナブルです☆

一方で、せっかく店舗まで横長の状態で立てて運んできたのに、ヤマト便では、約1m×1mのコンテナに積み込まれることになります。

ん?
まてよ。
鏡の長辺が175cmでしょ?
つまり、縦長の状態で立てて運搬されてしまうってことかぁ…

まぁ、そういうサービスだから仕方がないけど、保険に入れて良かったぁ…

ここで重要なのは、結局、縦長の状態で立ててしまうので、両端部を段ボールなどでしっかりと補強しておく必要がある、ということです。
割れた場合に保険で代替品を得るとしても、それは予定よりも数日後になる話しです。

せっかくなので、割れないように、自分なりの工夫を施しておきましょうね。


前置きが長くなりましたが、結局、配送した鏡をどうしたかって言いますと…
右の写真のように、ちゃんと、玄関の壁に設置しました。

やはり、噂通りの見栄えです。
これで999円なんて、安過ぎですよ(T_T)

今度の金曜日に内見が1件入る予定なので、是非ともIKEAパワーで成約して欲しいところです。
ナムぅ…

そういえば、この鏡は、1枚だけでも結構重量があるので、壁への設置には相当な注意が必要です。


特に、アパートの壁は、石膏ボードで作られている場合が多く、ネジが使えませんので、少なくともそういう知識は必要です。

何にも知らずに、壁にネジを捻じ込んでしまうと、穴だらけになってしまいます。

石膏ボードの壁にネジを捻じ込む方法としては、大雑把に言って、二通りの方法があります。


1つ目の方法は、石膏ボード用のアンカー(※詳細は、右画像をクリック)を用いる方法です。
コレを使えば、石膏ボードの好きな位置にネジを捻じ込むことができます。

2つ目の方法は、石膏ボードの背面側にある木部を探し、石膏ボード越しにその木部にネジを捻じ込む方法です。
木部であればネジを捻じ込めるのですが、この方法では、ネジを捻じ込む位置が木部の位置に限られますので、好きな位置に鏡を固定することが難しくなります。

私は、木部を探してみたところ、運の良いことに、玄関の壁のちょうど真ん中に鏡を設置することができました。

なお、鏡の設置作業には、一枚当たり30分程度を要するので、9枚買った鏡を一日で全室に設置するのは難しかったです。

なので、とりあえず二部屋に設置して、残りを倉庫に保管しました。

また現地出張した際に、設置しようと思います☆

2009年5月1日金曜日

チラシを作りました

ゴールデンウィーク中に管理会社を訪問し、自作のチラシを渡そうと思う。
なので、仕事の後、眠い目を擦りながら、チラシ作りに励んでいます。

一ヶ月ほど前から、あぁでもない、こぅでもない、と家内に文句を言われながら作り続けて、ようやくカタチになりました。

以下、三つ折りバージョンです。

<1枚目表>



<1枚目裏>



<2枚目>