2010年3月23日火曜日

地元の信金さんは、ありがたいです

今年の1月に、3月頃に東京から石川県へ引っ越す(住民票を移す)という予定を伝えたうえで、

融資の相談に乗って頂いた信金さんがあります。



名称は出せませんが、石川県の信金さんです。



このときの融資申し込みでは、売買価格1300万円に対し、

融資可能額1500万円という素敵な回答を頂きました。



この話しは、結局、売主さんが転進したことが原因で、

振り出しに戻りましたが、今のご時勢でも、

イケイケどんどんの金融機関はあるんだなぁと感じていました。



で、予定どおり、3月8日に石川県へ引っ越したので、

2ヶ月ぶりにご挨拶へ行ってきました。



電話でアポを取ったところ、

当時の支店長さんが異動でいなくなった旨を伺いました。



融資方針が変わらなければ良いなぁと思いつつ、

出向いてみると、渉外担当の方がやる気マンマンで、

支店長に対して、話しがあれば前向きにやりましょう!

と言ってくれました。



支店長は、「渉外担当がこう言うので、私は判子を押すだけですヨ…」

と仰ってくださいました。



スバラシイ。



しかし、肝心の物件が出てこない。



金融機関で評価の出る物件…



なかなか出ないんですよ。ホント。



いずれにしても、いざと言う時に融資の目処が立つ、という状態は、

事業を進めるうえで、本当に心強いです。



頑張って、物件を探しますヨー。