2013年1月24日木曜日

空室をリフォームしてきました(^_^)v

1月18日に購入した富山市のRCマンションには、
現在、空室が2戸あります。

一階のお部屋と三階のお部屋です。
三階のお部屋は、前所有者さんの負担でリフォーム中なので、
いまは入居募集を行っていません。

一階のお部屋は昨年から空いているので、
何とかして早い段階でどなたかに住んでもらいたい!

そこで、現状確認とセルフリフォームを兼ねて、
1月22日・23日に二日連続で現地入りしました。

まずは、現在どういう状況なのかを確認し、
作業項目を洗い出しました。

洗い出した項目がこちら↓

このお部屋は、建具や設備が良いものを使っているので、
パッと見た感じでは、すごく綺麗です。

でも、空室期間が長かったため、お部屋の隅には埃や虫が溜まっていたり、
ここをこうすると、もっと印象UPすんべぇ♪ってところが
結構出てきました。

なお、洗い出した項目↑の脇には、
リフォームに必要な資材も書き出しています。

これをホームセンターに持参し、資材を現地で調達します。


さて、22日・23日に行った作業を順に説明しましょう。

■トイレの便座位置の調整です。
こちら↓
写真右上が調整前の便座位置です。

便器と便座前部に隙間があり、便器内が見えていました。

便座は、その後方部分が便器と連結されています。
ほとんどの場合、便座の後ろ側へもぐり込めば、
写真左側のような樹脂製のボルト・ナットが見えます。

このナットを緩めてしまえば、便座を外したり、位置を変えることができます。
簡単ですね♪

写真右下が調整後の便座位置です。
これで、便座と便器の隙間がなくなり、便器内が見えることはありません(^_^)v


■便器内の簡単なお掃除↓

空室発生直後には、原状回復工事の流れでクリーニングされたようですが、
時間が経てば、小虫が発生しますね。

当初、写真上のように、便器の水のなかに羽虫の死骸がたくさん沈んでいたので、
ブラシで綺麗にし、水に流しました★


■洗濯機用の排水口に、ホース接続用のエルボを取り付けました。
こちら↓

写真左側が当初の様子。

経験上、排水用エルボをつけておかないと、
新しい入居者さんが引っ越してきた初日に、
『洗濯機のホースが排水口に刺さらないんですけど!』
っていうクレームが入るおそれがあります。

この部品は、ホームセンターで700円弱しました。
結構高いです。。。


■引き戸の側面にクッションテープを貼りました↓

写真上が当初の状況です。

側面の一部にのみクッションテープが貼ってあり、
テープをケチっているように見えたので、
写真下のように、全長に亘って貼っておきました。

隙間を無くすことができるし、
戸を閉めたときの音を小さくできます。


■和室に置く照明器具を組み立てました。
こちら↓

IKEAで仕入れてきた照明器具です。
高さ120cmほどあり、なかなかの雰囲気を醸し出します。

もはや、私のマンションの和室の標準装備品です(^_^)v


■玄関壁に、必殺くねくねミラーを設置しました
こちら↓

言わずと知れたIKEAのくねくねミラー "KRABB"

『これを付けたお部屋は、内見者さんの心を鷲づかみにしてしまう』
という魔力をもつ鏡です。

これまた標準装備品として、設置してきました。


■破れていた網戸を張り替えました。
こちら↓

網戸の張り替えは、専用のローラーを使えば、誰でも簡単に行えます。

網戸の枠には、内周に沿って溝が設けられていて、
枠に新しい網を重ねた状態で、紐状のゴムを網ごと溝に押し込むことで、
網が枠に固定される仕組みになっています。

業者さんは、ゴムを溝に押し込む際に、
網が撓(たわ)まないように、網をクリップで枠に固定しますが、
そんな必要はありません。

専用のローラーでゴムを溝に押し込むだけで、
網のテンション(張り具合)が勝手に上がります。

まあ、何にせよ、新しい網のついた網戸は気持ち良いですね♪


■ダイニングの窓にレースカーテンを取り付けました。
こちら↓

入居者さんは、一般的には、引越し後にレースカーテンと遮光カーテンを購入します。

でも、レースカーテンなら、別に大したこだわりがないんじゃないかと思うんです。

実際のところ、他の所有マンションでは、
『レースカーテンが備え付けられていて助かった!』
『厚手のカーテンにお金をかけられて良かった!!』
という声を聞いています。

というわけで、うちのマンションでは、レースカーテンも標準装備品ですたい。


■今回のリフォームのメインイベントです。
こちら↓

畳の撤去!

ではなく、和室の洋室可作戦です!!
当然のことながら、畳が不要になるので、先ずは古い畳を捨ててきましたよ。

なお、このお部屋には和室が二つあり、
そのうちの一部屋を洋室に変更します。

残す和室では、畳表を張り替えることにし、
23日の午前中に畳屋さんに引き取りに来てもらいました。

その際に、廃棄費用を尋ねたところ、一枚当たり1,500円とのこと。

一階おお部屋と、三階のお部屋の和室を一つずつ洋間に変更するので、
6畳間が二つで、合計12枚の畳を処分しなければなりません。

1,500円が12枚で、税込み18,900円!!になります(>_<)

そんなにお金は掛けられないので、すぐに富山市のクリーンセンターへ電話しました。

すると、10kg当たり150円?だったかな。。。
電話ではよく聞こえませんでしたが、とにかく、随分安いような気がしたので、
写真右上のように車の上に畳12枚を載せ、
写真右下のクリーンセンターへ行ってきました。

すると案の定、12枚で880円という激安価格で処分に成功!

これで安心して洋間大作戦を進めることができます(^_^)v


そして、次に洋間作りに入る訳ですが、
作業は、大きく分けて以下の3段階あります。

1.採寸と資材調達
2.畳の撤去
3.下地作成
4.クッションフロア張り

下の写真は、
『1.採寸と資材調達』と『3.下地作成』
の様子を表しています。

まあ、採寸の様子が見えないのはご愛嬌ということで。。。

今回の作業は、22日夕方から23日夜まで行う予定だったので、
初日に簡単な作業と、『1.採寸と資材調達』を行いました。

二日目に、写真の2列目と3列目に示すように、
『3.下地作成』を行いました。

が!?
この写真に写っているのは、私ではありません!

この日、自宅近所の投資家仲間(電気工事業者さん)が石川県から駆けつけてくださり、
本当は電気工事だけをお願いするはずだったのですが、
結局、大工仕事も手伝ってもらいました(>_<)

KZKさん!本当にありがとうございました!!

ちなみに、この日、大工仕事の9割をお願いしちゃいました(-_-;)
その脇で、私は、あーして欲しい・こーして欲しいとか言いながら、
電話したり、写真撮ったりと、本当に役立たず者でした(T_T)

それにしても、職人さんは、凄いですね。
本職は電気工事なのに、大工仕事も手際が良くてビビりました。

この日、21時頃まで二人で作業を続け、帰路につきました。


あっ!
いま気づきましたが、もう2つ、大事なリフォームを行いました。

■カーテンレールの交換

写真を撮り忘れましたが、新しく洋間を作っているお部屋のカーテンレールを、
既存のシングルレールから、ダブルのレールに交換しました。

洋間が完成したら、このカーテンレールにもレースカーテンを備え付けちゃいます。


■TVアンテナジャックの増設

KZKさんには、これをお願いしたんです。
が、私が畳撤去へ出掛けている最中に工事を行っていただいたので、
写真を撮り損ねました。。。

既存のジャックは、寝室と和室に一個ずつあり、
ダイニングにはなかったので、ダイニングに設けました。

テレビは、やっぱりダイニングでも見ますよね♪



ではでは、来週中に一階のお部屋に再突入し、
クッションフロアを貼ってしまいますよーー。