2017年4月26日水曜日

散水栓ボックスの蓋作成&100均資材で窓枠を補修! コインランドリーってヤバいの?

たまぁに小松で一緒にお茶することのある、
埼玉スワローズさんが、コインランドリーで苦戦していると知り、
胸がイタいです。。。

以前、うちのお店を見に来てくれたのですが、
どうやら、全く異なる手法で出店したみたいです。アレレ?
ナンデデスカ。。。とは聞きにくいです^^;

スワさんのブログ
http://saitamaswallows.seesaa.net/article/449314829.html
※スワさんのランキングボタンもポチくりしてあげてください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
それから、うちのランキングのご支援もお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

4月26日午前8時の時点で38位です☆

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



40億年ビルの前に散水栓ボックスがあって、
その蓋が、こんなことになってました^^;


OSB合板が置いてあるだけです。。。

ここ、車が停まるんですケド。

なので、思案した結果、こういうのを買いました。


メッキ処理済みの鉄板です。

早速、グラインダーで切りました。

三つのうち、右端の部分を使用します。

現地にて、既存の蓋(?)を捲ってみました。


ふぅ。
変な虫とか、いなかったです。セーフ

持参した鉄板を嵌め込み、蓋の完成!

そしてーーーーーーっ!
写真、撮り忘れた―!!!

うーーーん。うーーーん。うーーーん。。。



現地を後にして10分ほど車で走った頃に撮り忘れに気付きましたが
こればっかりは仕方がないので、気を取り直し、
別物件へ移動します。

5月頭に入居が決まっており、細かい点のチェックのために来ました。


すると、サンルームの窓枠(下枠のみ)のフィルムがボロボロだったので、
スクレイパーで剥がしました。


こういうときは、DAISOで売っている小口テープで補修します。

今どきの100均って凄いよね。

以前なら、リアテックやダイノックの超高いシートで補修せざるを得なかったのが、
100円ですよ。。。

と、余裕の顔でDAISOへ駆け込んだところ、
なんと、細い幅(幅2cm位?)のテープしか在庫がありませんでした。ガーーン

これまた仕方がないので、
この細いテープを敷き詰める作戦で行くことにしました。

10cm幅のものがあれば、本当に100円で済んだのですが、
細いテープを敷き詰めるとなれば、2本は必要だろうと踏んで、
200円での仕入れとなりました。

そして、現地へ戻り、貼るのみ!

完成☆


陽に焼けて白くなっている横枠との色の違いは、ご愛嬌ということで。

このお部屋は、月末のクリーニングが終われば完成です^^
満室復帰だぞぃ。ヒャッホーーーーーーィ♪

でも、中国人が4人で住むみたいなので、ちょと心配す。。。


ではまた、バイシュ~!*


*『ばいしゅー』は、小中と同級生だった仲良し司法書士のよっしー先生のお姉さんが、
ぼくらが小学生だった頃(30年くらい前)に使っていた、
さよならの挨拶です^^

2017年4月20日木曜日

ドアスコープ設置

40億年ビルでの作業を早く終わらせたい、白い山の大家です。

でも、ありがたいことに、
あっちこっちで入居開始が間近に迫った部屋があり、
対応に追われています。。。


そりゃそうと、
水戸大家さんによる仲介によって始まったトラブルの件について、
仲裁の第二回目の期日が4月19日の予定だったのですが、
相手方から、『資料が揃っていないので、延期させて。』との連絡がありました。

解体や新築の工事費の見積りが揃っていないんですって。

やっぱ、予想通り、後出しジャンケンですね。

ぎゃーぎゃー喚き立てておきながら、未だに見積りを取っていないとは、流石です。

収用価格を見たうえで、
それより高い見積りを業者から貰うという必殺技を繰り出してくると思われるのですが、
どのように待ちかまえたらいいのか、初体験なのでわかりません^^;


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


また、40億年ビルに来ちゃいました。。。

前回の作業で設置した玄関ドアに、
ナンバープレートとドアスコープを設置することにしたんです。

設置したドアは、これだよ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


まず、ちょうど良さげな高さに穴を開けます。


開けた穴にドアスコープを差し込み、反対側から固定します。
ナンバープレートも取り付けました。

えぇ感じになりましたヨ。

ドアスコープを通して見える風景。。。

この絵、不要か?


そりゃそうと、昨日UPし忘れた鍵の写真がありました^^;

まず、ドアに穴を開け。。。


鍵を設置!

ホールソーと太目の木工用ドリルビットがあれば、
ドアノブや鍵の設置は簡単ですよ^^

あ。ノミと金槌も必要か。。。



大きな作業がかなり片付いてきたので、
そろそろ、新築案件を進めたいと思います。

今年は攻めたいのです。



今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

2017年4月19日水曜日

テナントのドア設置、インターネット工事

40億年ビルでのリノベ工事も最後の一室となっています。

今回は、その一室(事務所仕様)の玄関ドアを交換してきました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まず、ボロかった玄関ドアを交換しようと思い、
サイズの近いドアをヤフオクで予め仕入れておきました。

こちら。

幅が5mmほど広かったので、建物前でカットしました。

蝶番は、既設のものを流用することにし、とりあえず、ドアを設置してみました。


奥に見えるのが古いドアなのですが、
デカいガラスが嵌め込まれており、
ドロボ―が簡単に侵入できちゃうので、交換したんです。


こちらは、内側から見た状態です。


見てのとおり、ドアノブや鍵が無いです^^;

ということで、別途仕入れておいたドアノブと鍵も設置しました。

※鍵を設置した状態の写真を撮り忘れちゃいました^^;

この日、ここまでを昼頃までに済ませ、
午後からは、退去立会いの済んだ別物件の空室へ向かいました。

補修箇所の確認とLAN配線のためです。

タイミングよく、内装屋さんも駆け付けてくれたので、
その場で、補修箇所を見繕うことができました。


まずは、LAN配線から開始しました。

ダイニングの壁に、光コンセントが設置されていたので、
それを外し、ケーブルガイドを突っ込みます。


共用部にあるボックス内に、簡単に通りました^^


そして、ケーブルガイドにLANケーブルを固定し、室内側へ引っ張ります。

こちらも、簡単に通ってくれました☆


光コンセントにLANモジュラージャックを追加しておきました。


共用部のボックス内では、LANケーブルの先端にモジュラー端子を接続します。


最後に、LANケーブルの導通を確認します。


LANの導通は、パソコンでネット接続を試みても良いのですが、
パソコンを持って行かなかったので、テスターを使用しました。

テスターなら、一目で導通を確認できるので、楽チンです。

こんな感じです。
↓↓↓↓↓↓↓



この空室では、幾つかの補修箇所があるのですが、
そういえば、過去にリフォームした空室でも見つけていた、
施工不良が、この空室でも同様に行われていました^^;

洗面台用の給水・給湯用の止水栓がグラグラなんです。

あろうことか、壁内での固定がいい加減なため、
止水栓を外したくても、回す(止水栓のネジを緩める)ことができないんです。

ちょうど、ボロい洗面台を交換することにしたので、
洗面台の後ろに隠れる壁を破ってやりました。


この止水栓は、四本のビスで固定する構造になっていますが、
なんと、ビス一本で留めてありました^^;

見てのとおり、止水栓の右側にはLGS(軽鉄)があるので、
ビスも工具も入らず、ビス留めを諦めたのでしょう。。。

職人なんだから諦めんなよ。。。と思いつつ、
止水栓を少し左にずらして固定し直しました。


最後に、備忘録として、
このお部屋でやんなきゃいけない作業を箇条書きにしておこうっと。

・障子張替え
・洗面台交換
・キッチン周りのコーキング打ち直し
・キッチン給水栓のパッキン交換
・浴室の鏡交換
・火災報知器設置
・クロス&襖張替え→内装屋さんに依頼済み
・ルームクリーニング→管理会社さんにお任せ


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

2017年4月17日月曜日

40億年ビル、電気工事完了☆

40億年ビルで、また、電気工事です。

でも、たぶん、今日で電気工事を終えられる予定なので、がむばります。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



まずは、トイレ。


ウォシュレット用のコンセントが無かったので、新設します。

元々、壁に設置されていた照明器具の電源線を用いることにしました。


下の写真では、クロスに隠れて電源線が見えませんが、
垂れ下がっている電球のちょうど後ろ辺りの壁内に、
電源線が眠っています。


今回の配線は、露出配管で行うのですが、
雰囲気を損なうのが嫌なので、
樹脂製配管ではなく、金属製配管を用いることにしました。

樹脂製管のグレー色やアイボリー色よりも、
金属製管の銀色のほうが、レトロ感が出るのでオススメです。


まずは、壁の電源線の取り出し位置に、丸型露出ボックスを設置します。


んでもって、ベンドと電線管で下のほうへ配線し、
コンセントを設けました^^


これで、ウォシュレットが使える☆


お次はキッチンです。

キッチンには、一口の卓上IHを設置する予定なので、
天井裏に予め仕込んでおいた電源線を壁沿いに垂らしてあります。

こちらも金属製管を用いて配管します。

あっという間に完成です。


この日、内装屋さんが床のタイル貼りを行ってくれました。


資材だらけの面倒臭い部屋ですが、
文句ひとつ言わず、手際よく作業してくるので、ありがたいです^^


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

次回は、このお部屋の玄関ドアの交換とラッチ・鍵の設置を行います。


では!

2017年4月16日日曜日

40億年ビルのテナント、もうちょいで完成

40億年ビルでの改修工事もあと少しで終わりです。

今日も、最後の改修部屋へ馳せ参じ、
ダウンライトの設置と、スイッチ配線を行ってきました。



あ。その前に。
良い写真が撮れたので、ブログランキングのバナーにしてみました。
クリックしていただけると、嬉しいです。




さてさて。
壁・天のクロス施工が終わり、雰囲気がガラりと変わりました^^

 ⇒⇒⇒ 


電源線の配線は、クロス施工前に終わらせてあったので、
照明器具にVVFを差し込み、天井の穴に器具を嵌め込むだけです。

そして、ごっちゃごちゃになっていたスイッチ配線を組み直し、
無事に、点灯させることができました☆

んでもって、天井にダクトレールを二本設置し、
リーラーコンセントを2個ずつ(計4個)取り付けました。

このあと、床も濃い木目のタイルを貼るので、
ラグジュアリーな事務所になりそうです♪


お次は、トイレ。

トイレの照明器具と換気扇を設置します。


まずは、作業用に用意していた照明器具を撤去します。

この器具の電源は、換気扇用の電源を一時的に使用していましたので、
照明器具用の電源回路を別途、天井の中央付近に配線し直し、
ローゼットを設置しておきました。

そして、住居のトイレに設置したものと同じシャンデリアを設置しました^^
 


そりゃそうと、この日、天気がめっちゃ良かったんです。

なので、外に出て、足場の外れた外観を眺めながら、
写真を撮ってみました。


カフェっぽい雰囲気の看板にしたら、
前を通る人の目によく留まるみたいで、
『何が出来たんですか?』とか、『ここは何ですか?』などと、
尋ねられることがあります。

なかなかの吸着力に大満足です。


そして、またしてもトイレに戻りまして、
今度は、換気扇の設置です。

先ずは、排気ダクト接続口に排気ダクトを嵌め、アルミテープで固定します。

そして、天井の穴に換気扇本体を嵌め込み、縁をビス留めし、
カバーを取り付けたら、完成です。


この日は、電気工事が続きます。

お次は、洗面台の設置予定位置の上方に、
照明器具を設置します。

先ず、壁内に埋もれている電源線を、
クロスの切れ目から引っ張り出します。

この部屋は、コンクリート壁なので、
ドリルで下穴を開け、照明器具をビス留めしました。


そして、無事、点灯しました。



ここで夕方になったので、作業を止め、帰宅しました。

でも、電気工事を、もうちょいやんなきゃいけません(>_<)

次回は、
ウォシュレット用のコンセントをトイレ内に設置するのと、
IHヒータ用のコンセントをキッチンに設置します。


今回も、さいごまで読んでくださり、ありがとうございます。
ついでに、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング