2017年4月4日火曜日

何故か好調なポロ物件

昨年末に購入した築30年オーバーの鉄骨大型物件があるんですが、
4室空きの状態からスタートし、
40億年ビルの後回しになっていて、ほぼ何もしていないにもかかわらず、
2室の入居が決まってしまいました。

ちーとばかし焦っちゃいまして、
入居の決まったお部屋を覗いてみました。

すると、キッチンの水栓金具からの水漏れを見つけちゃいました。

水・お湯の両方のハンドル付け根と、スパウトの付け根からの水漏れです。


ハンドル付け根の水漏れは、
ハンドルで覆われた位置にあるパッキンの劣化が原因なので、
これを交換します。

まずは、ハンドルを外します。


この真鍮の金具(帽子のような形状の部品)の中に、円形のパッキンがあります。


こんな感じ。


パッキンと、その下に嵌めるワッシャーを交換しちゃいます。


あ。でも、念のため、さらに内部にあるコマパッキンも交換しておこうと思います。


古いほうは、劣化して真っ黒&カチコチです。

ちなみに、コマパッキンの劣化が進むと、
蛇口を閉めても、水が止まらなくなっちゃいます。


さてお次は、スパウト付け根のパッキンを交換します。


スパウトを外し、パッキンを嵌め替えるだけの簡単さ作業です。


家賃が安いってのは、やっぱ強いんですねぇ。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿