◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年5月29日月曜日

【コインランドリー】◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口

ここ一ヶ月ほど、
埼玉スワローズさん(http://saitamaswallows.seesaa.net/)が大ブレイクし、
脚光を浴びているコイランドリーについて。

私は、5~6年ほど前に、小さいお店を一つ始めました。

周囲を田んぼに囲まれたド田舎のなかでも、
とりわけ人口の少ない場所で、です。

地図で示すと、こんな感じ^^;


これまで、コインランドリーについては、
トラブル対応については何度か触れましたが、
実態については、あまり書いたことがありませんでした。

スワさんの件で、不動産投資家のなかにも、
コインランドリーに興味のある方がたくさんいらっしゃることがわかったので、
私の手法や感想について、綴ってみようと思います。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


長い話しになりそうなので、
取り留めのない文章になるのを避けるため、
まずは見出しを考えてみました。

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
◆コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆運営に必要なコスト
(1)初期コスト
(2)ランニングコスト
◆二通りの方法を検討
(1)新品て、どうなんかなぁ
(2)中古機器はどうなの?
◆仕入れた機器と価格
◆機器のメンテナンス
◆売上予測と売上推移の傾向
◆売上アップのアイデア
◆コストダウンのアイデア
◆あぁ~~、完全にアウトだね
◆コイランドリーに対する私の考え
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*


それで、今後、一章ずつ綴っていこうと思います。

まずは、第1章。


コインランドリーを選んだ理由と、その入り口

(1)選んだ理由

私は、不動産投資・不動産賃貸業を主軸とした事業運営を行うなかで、
物件を購入できないなど、事業の拡大を思うように図れない場合の
収益の補完システムの一つとして、
コインランドリー事業の可能性に着目しました。

しかし、いざコインランドリーをやってみようかな。。。
と思っても、コインランドリーを実際にやっている知り合いが、
当時の私の周りにはいませんでした。

皆さんも、そうじゃないですか?

5~6年前に、コインランドリーをやってる人って、周りにいました?

いなかったでしょ?

しかも、当時のコインランドリーって、コンビニとは異なり、
『やってみたいな』と思った場合でも、
問い合わせ先を容易に知ることができなかったんです。

なんとなく、知る人ぞ知る、ブラックボックスのような、
怪しい雰囲気のする業界に見えました^^;

それこそ、その筋の方々が、暗躍してる業界なんじゃなかろうか・・・
と思っちゃうような雰囲気を、勝手に感じていました。

今でこそ、Google様で『コインランドリー』と検索すれば、
色々な業者がヒットしますが、
当時は、そんなことはなかったですからね。


(2)コインランドリー業界の入り口

それでも、当時の私は、知人からリアルな話しを聞く機会がなかったので、
Google様で『コインランドリー』と検索してみたんです。

すると、コインランドリーを長く続けている方のブログに辿り着き、
その人の会社へ出向き、現場の雰囲気を見せてもらうことができました。

この人です
https://plaza.rakuten.co.jp/kobegiken/

まぁ、当時は、コインランドリー業者のサイトに辿り着くこと
のほうが難しかったんじゃないかなぁ。。。

それで、そのブログ主の方のお店を幾つか見せてもらったのですが、
この方は、自らのお店を運営しつつ、
そこで培ったノウハウを用いて、他者のお店の開店サポートを行っていました。

そんなことで、その人が抱えている中古機器の在庫を買って、
工事もしてもらう、というような感じで話しが進みそうになりました。

でも、この人と取引するのはやめました。

話しをするたびに金額が変わるし、
なんというか、見せてもらった全てのお店が、
お世辞にも、あまりキレイとは言えなかったんですよね^^;

ただ、その人は、ご自身で機械を改造しちゃう位にメカに詳しく、
ランドリー運営の経験も豊富なスゴい方なんです。
本当は、うまくお付き合いできれば良かったのですが。。。

自分のお店はキレイに仕上げたい・・・と思っていたので、
これはちょっと、お任せできないな、と。
苦渋の決断をしました。

ということで、別の方法で開店することにし、
さらに、Google様にお世話になったところ、
幾つかの業者さんに辿り着きました。

そして、どのような方法で一号店をオープンするのかを決める、
大きな出会いがありました。

そんなこんなで、
ウェルカムな看板を掲げていない人へコンタクトを取り、教えを乞う、
なんていうもの凄く高いハードルを乗り越え、
なんとなくコインランドリー業界に足を踏み入れました。

このように、当時のコインランドリー業界って、
入口がもの凄く小さく、見えづらいところにあるような気がしました。


つづく。




今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

2017年5月25日木曜日

移転のお祝い&駐車場ライン引き

入居者さんから、『ゴキブリが出た』と、ショートメールがありました。

コレは、無視。。。でイイですよね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。
※築41年ビルのエントランスです^^
ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

石川県で物件の売却をお願いしている不動産屋さんが、
事務所を移転したとのことで、お祝いしに行ってきました。

通路が植物園状態になっていました^^;

まぁ、こうなっているだろう・・・と予想し、
私はお茶菓子を持参しました。


そして、福井物件へ出向き、
駐車場のライン引きをしてきました。


今回は手作業です。

5,000円ほどする塗料を、この作業で使い切りましたが、
業者さんに依頼すると、3~4万円は掛かる作業なので、
まぁ、良しとしましょう。

今回は、ちょっと軽めに、ここまでとします。


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

ばいしゅー^^

2017年5月24日水曜日

下水漏出の大惨事!【後編】助けてくれー!!

最近、室内撮影のために、超広角で撮影できるカメラを欲し、
一眼レフカメラを衝動買いしちゃったんですが、
もう一つ、おもちゃを買ってみました。

これ↓


クリップ式で簡単に装着可能なスマホ用のコンバージョンレンズです。

私が買ったのはこういうヤツです。


で、早速使ってみました。

使用前後の差異を確認するため、
まずはコンバージョンレンズ無しで、普通に撮影すると。。。

こんな感じ。


まぁ、フツーですね。今まで通り、って感じです。


さて、問題のコンバージョンレンズを使うと。。。


じゃじゃーーん!

横のほうの歪みが出ましたが、広角感ハンパねー♪って感じです。

ただ、ちょいとばかしピンボケ気味なので、
練習が必要かも。。。って思いました。

でも、スマホで手軽に超広角撮影が可能になっちゃうと、
こないだ買った一眼レフカメラ、要らねーんじゃねーのー?

ねーのーー

ねーのーーー

ふぅ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さてさて、長い前置きはここまでにして、ようやく本題です。


前回の投稿では、
下水漏出の原因は下水管の詰まり&下水逆流だった、と思いきや、
下水の逆流が発生していないのに、
壁の向こうから下水が流出してきたよ、ヲイヲイヲイ、マヂヤベーーヨ、
ってところまで書きました。


少しだけおさらいしますと、
下水管の詰まりが解消し、ホッと一息・・・
と思っていたら、今度は、
下の写真の右側に写っているパソコンデスクの後ろ側の壁の下の隙間から、
なにやら、チョロチョロと水の流れ出る音が聞こえてきたんですよ^^;


そして、流れ出る音がするということは、
当然、水が流れ出ているわけでして、
コノカベノムコウニハ イッタイ ナニガ アルノデスカ?
って状況になっちゃったわけですよ。


それで、ただヤベーヤベーって言ってても状況は好転しないので、
意を決し、壁を斫(ハツ)ることにしました。

今まさに下水が流出しているので、一刻の猶予もありません。

ソッコーで事務所へ戻り、斫り機を持ってきました。


そして、まずは、壁の下のほうに穴を開けてみました。


すると。。。


ゲロゲロゲローーー。

予想通り、壁の向こうから、下水が勢いよく溢れ出しました。
ギャァー!∑(ll゚Д゚ノ)ノ


どうやら、この壁の向こう側が本丸のようである!
と、見えない敵に立ち向かうべく、一心不乱に壁をぶっ壊しました。

ガガガガガガガガガガガガガ・・・・・・・・・


バッコーーーーン!


ヨッシャーーーー!ドウヤーーー!出てこんかーーい!
と、心の中で呟くも。。。

しーーーん。

壁のなかは、PS(パイプシャフト)だったので、
まぁ確かに下水管が通っていますが、
別に、下水が漏れている雰囲気がありません。


ちょうどここで、別の設備屋さん(Bさんとしましょう)が、
現場へ駆けつけてくれました。


斫り作業で疲れた私は、ここで一旦休憩です。


Bさんは、ありがたいことに、
本丸だと思って攻め込んだPS内に溜まった下水を掃除してくれました。

そして、PS内の下水管をチェックし、
下水漏れが生じていないことを確認してくれました。


うーーん。

コレマタ ドユコトヤネン?
って状況になってしまいました。


さっきまでは、確かに、このPS前の壁下から下水が流れ出してきたのに、
今は、何事も無かったかのように、
水の流れが収まっているんです。


そして、Bさんと私とで、
アーデモナイ・コーデモナイと原因を検討していたとき、
また、アレが聞こえてきました。

上階からの下水の流れる音です!


そして、それと時を同じくして。。。


ん?


ヲヲヲヲヲヲヲオヲッウィオフォアイオfdジャシオ!


コレッ!↓


位置を図で示すと、下の赤丸の辺りです。


機械室からPS(上の図では右側のPS)に入り、
その右側の壁(上の図では、PSの左側の壁)の下のほうから、
超汚い水が、流れ出てきたんです!


どうやら、本丸は、隣りのPSだと思われます!


容易に攻め込まれないよう鉄壁の守りを敷く強敵を前に、
Bさんと私は、目を見合わせ、『やりますか!』と、
突撃の意志を確かめ合いました。


ここからは、Bさんに任せました。


そして、PS間の壁を完全にぶち抜き、
敵の本丸を丸裸にしてやりましたよ。


麻原彰晃も真っ青な隠れ家に、私たちも、敬意を払わずにいられませんでした。


そして、奥のPSを覗き込むと。。。


今まさに、下水が下水管の表面を伝って、
流れ落ちてくるではありませんか(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


上の写真に写っている三本の配管のうち、
真ん中の配管だけ、汚水で表面が茶色に汚れ、ドロドロになっていました。


そして、Bさんが、脚立をPS内に持ち込み、
PSの上のほうを確認すると、なんと、
下水管が折れている!ことが判明しました。


もう、事態は一刻を争う状況だったので、
さすがに『写真撮影をお願いします』とは言えず、
アルミテープで応急処置してもらった後、自分で脚立に登り、
写真を撮りました。

コレだよ。


とりあえず、この日は、Bさんが、補修用の資材を持っていないとのことで、
修理は翌日に持ち越しとなりました。


そして、翌日。


暗いPS内から、折れた配管を切り出し、明るい所で確認しました。


なんだか、配管の折れた箇所(赤枠の箇所)が、真っ黒に焼けています。。。


Bさん曰く、
配管洗浄剤を流した場合、塩ビ配管を溶かす程の高温になる場合があるから、
それが原因かもよ。。。
とのこと。


2階か3階の住人が、下水管に洗浄剤を流したのかもしれません。


じゃなきゃ、地震で揺れた訳でもなく、
地盤沈下が発生した訳でもないのに、
下水管が折れるなんて、ちょっと考えられません。


つーわけで、ピーピースルーなどの配管洗浄剤を使用する場合は、
説明書をよく読み、熱による配管破損には十分に気を付けてくださいね。


おっと、こんなことを考えている間にも、
上階からの下水が流れてくるかもしれないので、
急いで、配管を繋ぎ直さないといけません。

てなわけで、Bさんが手際良く補修してくれて、
無事に事件は解決に至りました。。。ふぃぃ。


いやほんと、マヂヤベーーヨって、何回思ったことか、って感じです。

皆さんも、下水管の破損にはお気を付けあそばせ。




今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では、また!

ばいしゅー!!

2017年5月23日火曜日

下水漏出の大惨事!【中編】助けてくれー!!

今月末に決済(購入)予定の物件があるのですが、
未だに、金融機関から融資OKの連絡がありません。

これって、もしかして、
忘れられてるパターンっすかね?

まさかねぇ^^;

という微妙な緊張感を覚えつつ、今日も綴ります。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像↓のクリックをおねがいします。
※築41年物件が劇的な変貌を遂げました^^

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



さて、前回の投稿でお話しした、下水漏出大参事勃発の件のつづきです。

ナニソレ知らないよ、という場合は、こちらを先にどうぞ。
下水漏出の大惨事!【前編】助けてくれー!!



前回の投稿で、
下水の漏出した収納庫と機械室の床の写真と、
建物と下水配管の概略図を見て、
下水漏出の原因を推理してみてね、
という宿題を出しておきました。


答えは詳しく説明していきますので、慌てずに読んでください^^


下水漏出事故の翌朝、
現場に到着した私は、下水の水溜りがまた発生しているのを確認し、
やっぱヤベーーーーーヨなぁ。。。と改めて痛感しました。


ちょうどそのときです。

この建物の隣りにある管材屋さんのほうから、
誰かが近寄ってきました。

顔を上げると、管材屋さんに偶然立ち寄った知り合い(設備屋さん)でした。
仮にAさんとしましょう。

私は、すがるような思いで、Aさんに助けを求めました。

Aさんは、多少面倒くさそうな感じでしたが、
現場を確認し、こういう結論を提示してくれました。


おそらく、
たぶんこうだろう・・・という結論に至った方の多くは、
このような原因を想像していらっしゃいませんかね?

これ↓

Aさん曰く、
下水管にゴミなどが詰まり、下水が配管内を逆流し、
機械室の床に露出していた下水管の口から溢れ出したんだと思う。
下水管に詰まっているゴミを取り除けば大丈夫や。
とのことでした。

どうやら、こういうことは、たまにあるらしい。

ふむ。


ということは、汚水桝は下水で満タンで、
蓋を開けると、ブワーーッと溢れるワケね。。。
と思い、機械室前にある汚水桝の蓋を恐る恐る開けてみました。

ところが、満タンどころか、僅かな水位しかなく、
たぶん、通常状態な感じだったんです。

この状況を確認したAさんは、
下水管の詰まりが自然に解消され、問題は解決やね、
と言い残し、行ってしまいました。


私も、ホッと一息をつき、
ゴミねぇ。。。いったい、何が詰まったんだろうか?
と思いながら、建物裏にある複数の汚水桝を順番に開けて回りました。


すると。。。


美容室の下水が流れ込む汚水桝が、
髪の毛と油(石鹸かシャンプー)の塊で詰まり気味でした。


この汚水桝を観察していると、
美容室から水がどんどん排出されてきます。

そして、汚水桝内に取り付けられているゴミ受けカゴから髪の毛や泡が溢れ、
下水管の下流側へと流れ出しているではありませんか^^;


もしかして、こいつらが下流側へ流れ込み、
下水管を詰まらせたんじゃね?と思い、
再発防止のため、汚水桝内のゴミを取り除いておきました。

ゲロゲロ~。

大量の髪の毛が、カゴと汚水桝の底から取れましたよ。

汚い・臭い作業でしたが、これで問題解決だ!と思いながら、
ゴミを綺麗に取り除きました。

この後、このゴミを水で洗い、ゴミ袋に入れ、
次は収納庫と機械室の掃除だな。。。
と思い、現場へと戻りました。


するとそのときです。


2階か3階の下水が配管内を流れ落ちる音(ジョロジョロ~って感じの音)が、
聞こえてきました。


その音を聞きながら、
『おぅおぅ、おめぇの下水が漏れてたんじゃね~の~?
まぁ、問題は解決したし、思う存分、流しちゃってイイよ~。』
なぁんて、心の中で思っていました^^


でも。。。


なんか、変なんです。


なんだか、言葉では言い表しにくい違和感を覚えたんです。


建物裏でフと立ち止り、
下水の流れる音に聞き耳を立てました。


数秒後、その違和感の原因に気付きました。


通常であれば、下水は、建物内の下水管を通り、
建物外の汚水桝・下水管を通って、公共の下水管へと流れ込みます。


でも、上階からは確かに下水が流れてきているようなのですが、
足元の汚水桝に流れてこないんです。


つまり、こういうことです↓

このとき流れ落ちてきた下水は、
通常であれば、下水管(上の図の赤い破線のルート)を通り、
汚水桝へと流れ込むはずなんです。


でも、待てど暮らせど、流れてこないんです。


はぁ?


なんで?


どうゆうことやねん。。。


抜群に悪い予感がするんですケド。。。。。。
と思いながら、機械室へと急ぎました。


すると、機械室の水溜りが増水しているではありませんか!


ガ━━(゚д゚;)━━ン!!


あまりに焦っていたため、
このタイミングでの写真を撮り忘れたんですが、
下の写真の右側に写っているパソコンデスクの後ろ側の壁の下の隙間から、
なにやら、チョロチョロと水の流れ出る音が聞こえるんですよ^^;



え?


え?え?


ナニナニ?これ、どゆことなん?

Aさん、帰ってしもたし、ナニナニナニ?ドウナノコレ?
ヤバインジャナイノ コレ?


ぎゃーーー、助けてくれーーーー!


宿題(漏出原因)の答えとか発表してるばやいじゃねーーしーーー。





というわけで、下水漏出の原因は、下水の逆流ではなさそう!?
では、一体、どうなっているのか?

大参事の結末は、次の投稿に持越し!

さぁ、ドキドキしてきましたね。 ゚д゚))))アワワワワ



今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では、次の投稿をお楽しみに☆

2017年5月22日月曜日

下水漏出の大惨事!【前編】助けてくれー!!

先日から書き綴っている、
『水戸大家さんで物件を売ってもらったらトラぶった話し』
ですが、

読みづらいので、各記事へのリンクを貼ってほしい、
という声があったので、現在公開している記事へのリンクを貼っておきます。


水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった
(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた


ただ、これらの記事だけで、
水戸大家さんのサービスの質を判断してはいけません。

私自身、水戸大家さんによる物件売却のスピード感はスゴいと思っていますので、
所有物件を、早く・高く売りたいと思ったら、
水戸大家さんの力を借りるのが、おそらく、
現在の日本では最善の選択肢の一つであると思います。

だって、水戸大家さんには、
24万人以上の不動産投資に興味のある人(大百科の購読者)の
メルアドリストがあるんです。

また、まぐまぐのメルマガ読者15万人のなかには、
その24万人に含まれていない人がいるでしょう。

水戸大家さんは、
不動産投資に興味のある、それら大勢の人へ向けて、
物件情報を一斉に配信する力があるんです。

従って、水戸大家さんの不動産業者としての力は、圧倒的なワケです。

なので、持っている物件を売却したい場合は、
売却の依頼先(不動産業者)の候補の一つとして、
水戸大家さんを挙げるべきだと思います。

そのうえで、どの業者さんに依頼するのかを決めればよいと思います。

ただ、どこの業者へ物件の売却を依頼した場合でも、
そのオペレーションは人間が行いますので、
ヒューマンエラーに基づく何らかのトラブルは発生し得る、
ということをわかっておいて欲しいんです。

これらの記事は、そういう意味を込めて、
これから物件を売却したい人へ向けて書いています。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さて、そんなこんなな重たい空気を引きずりながら生きている訳ですが、
その状況に追い打ちをかけるような大参事が勃発しました(>_<)

先日、19時頃に、トランクルームの利用者さんからショートメールが入り、
滅多に連絡してこない方からのメールだったので、珍しいなぁ。。。と思いつつ、
本文を表示しました。

すると。。。

床が塗れていて、おそらく収納庫●●号室から水が出ている。
とのこと。



どゆこと?
そこに水源は無いはずなんですケド。。。


と思いつつ、『すぐに確認しますね』と返信し、
現場へ駆け付けました。

店内に入り、通路を進むと、
問題の●●号室の前の通路が湿っていました。

早速、合鍵で収納庫へ入ってみました。

をいをい。
お荷物が水没してんですケド^^;

フと右を向くと。。。こっちには、深さ3cmほどの水溜りが。。。


しかも、ちょっと臭う。。。


え?


こいつ。。。


下水やんけーッ!


でも、辛うじて、ウ○コ系排水ではなさそう。
ってのが不幸中の幸いか。


しかし、どこから流れて来てんだ?


このとき、ヤベーヨ、ヤベーヨ、マヂヤベーヨ。
と心のなかでつぶやきつつ、
漏出原因不明の汚水をチリトリですくい、バケツで受け続けました。


この作業を繰り返すこと数分。。。


なんとか、床の水溜りは無くなったし、夜だったこともあり、
とりあえず、この日は作業を切り上げ、
原因究明は翌日に持ち越しとなりました。


そして、翌日。


改めて、収納庫●●号室へ入ってみると、
やっぱり、昨晩同様の水溜りができていました。

こんな感じです。(※昨晩のものと同じ写真です。)


下水の漏出原因を潰すどころか、
原因に辿り着くことすらできていないので、
まぁ、当然の事態です^^;

そこで、この写真に写っている壁の向こう側にある機械室へ入ってみました。

すると、機械室の床は、深さ3cmほどの池になっていました^^;


ちなみに、収納庫内と機械室に溜まっている水は透明なので、
写真では、水があるのか無いのか、よくわからないですね^^;

でも、透明な水のくせに、臭いだけは、下水なんですよね。
ホント、勘弁して欲しい。。。


ところで、上の写真で、床の左のほうに写っている丸い管の口は、
下水管の口です。

コイツです↓


この時初めて気づいたのですが、
この機械室の床の下水管の口が、
床面と面一の位置で切りっ放しになっていました^^;

それと、この建物と下水配管の概略図を示しておきます。


さぁ、ここまでで開示した情報を用いて、
今回の汚水漏出事故の原因を推理してみてください。


今回の事故は、どんな建物でも発生し得ると思いますので、
がんばって、考えてみてください^^


答えは、またのお楽しみダ☆




今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

2017年5月10日水曜日

車止め撤去、駐車場ライン引き、土地購入か?

物件購入、新築、トランクルーム2・3号店など、
慌ただしくなってきちゃいました^^;

何だかんだで自分を追い込んでいます。。。

そんなわけで、久々の更新となっちゃいました。スミマセン。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。


ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


GWの直前、管理会社より電話があり、
入居者さんの車が、駐車場の車止めにタイヤをぶつけ、
パンクしちゃったとの連絡を受けました。

親切心に基づき設置したつもりの車止めが、
あだとなってしまいました^^;

というわけで、車止めを撤去します。



。。

。。。

現場に到着。

設置したばかりの車止めが、コレ↓


反対側から見た絵が、コレ。


この駐車スペースは、
駐車する向きが、隣りの駐車スペースと90°異なるので、
車止めが無いと、駐車時に隣りの車に激突しちゃうおそれがある。。。
と思っていました。

が、そんなことは、
入居者さんに注意喚起しておけば良いだけの話しだったようです^^;

車止めに近づいてみると、
タイヤをぶつけたと思われる箇所に、
ゴムの黒い跡が残っていました。


というわけで、撤去しました。

それはそうと、入居者さんには何だか申し訳ない気持ちになったので、
施設賠償責任保険で代金をお返ししようと思ったのですが、
そこまでしてくれなくてイイですよ。。。と言われてしまいました。

というわけで、和菓子屋さんで菓子箱を買って、
お渡しすることにしました。


お次は、別物件へGOです。

この日は、駐車場のライン引きをお願いしてありました。


15台分の駐車スペースのライン引きが、一時間ほどで完了しちゃいました。


もう、あっという間です。
やっぱ、業者さんてすごいですねぇ。


そして、新築案件のための現場視察です。

この土地の一部を買うかもしれません。


見てのとおり、土地の一部(左側)が向こう側の建物の影になってます。

そのため、左側の土地だけ、安いんです。

この新築案件。。。
机上の話しになりますが、表面利回り17~18%なんです。
なんとか、実現させますよ。



今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

ばいしゅ~!